イタチ退治で暮らしを守ろう|害獣駆除は業者に任せるのがベスト

作業員の男性

害獣から自宅を守る方法

イタチ

害獣による被害は早急な改善と対策が必要不可欠になります。なぜ害獣が住宅や畑などに侵入するのか、どのようにして対策を行なえばいいのかなどは、害獣の生態に注目することで知ることが可能です。食べ物やゴミを食い漁り、騒音や糞などの悪臭などの原因にもなる害獣の存在に悩まされないように、しっかりと知識をつけておくことが大切です。駆除や退治などの方法についても知っておくと良いでしょう。

私たちの生活を脅かす害獣と言えば、ネズミなどが挙げられます。一般的にドブネズミと呼ばれることが多いネズミは、繁殖力が高くすぐに増える動物としても知られている存在です。住宅のほんの少しの隙間から侵入することもあるので、退治しても再び被害に遭ってしまいます。最近ではハクビシンやイタチなどの小動物も害獣としてのイメージが強くなっています。これらの動物は餌を求めて人が生活するエリアまで侵入してくるようになり、多くの被害をもたらす存在になってしまったのです。

山などから遠く離れた住宅地でも害獣による被害に遭うことがあります。イタチなどの害獣は主に畑の作物や養鶏場などを荒らす存在だったのですが、生態系の変化などによってその姿は住宅地でも多く目撃されるようになったのです。しかし、イタチやハクビシンなどは鳥獣保護法によって捕獲が禁止されています。住宅に侵入されて、食べ物を荒らされる被害に遭っているからと言って、自らの手で退治することが出来ません。侵入を予防するなどの対策を行なう分には問題ないのですが、捕獲することが出来ないため、もしも被害に困っている場合には専門の業者に相談して退治してもらう必要があります。

侵入を防ぐ方法

住宅

イタチは体が小さいので、3センチほどの隙間があれば簡単に住宅の中へと侵入してしまいます。糞尿による悪臭被害などがひどくなる前に、退治をしてくれる業者に相談して対策を行なうことが大切です。

詳しくはこちら

退治の重要性

一軒家

イタチはその存在に気付いてすぐに退治しなければすぐに繁殖してしまいます。放置すると病原菌などによって健康にも被害が及ぶ可能性があるので、そうなる前にしっかりと対策を施すことが必要です。

詳しくはこちら

イタチ退治の専門業者

作業員

警戒心が強い害獣は人前に姿を見せる事も少ないので、適切な退治の方法がわからない事も珍しくありません。専門業者に依頼することで迅速な状況改善を図ることが出来ます。

詳しくはこちら